健康体のまま毎日を過ごす、というのは口で言うのは簡単ですが実際にはとても難しいものです。人間、簡単に睡眠の質が悪くなったり、食生活の乱れから胃の不調になってしまうことがあります。こちらでは、不眠症や胃痛に関する症状、治療法などの話題を中心に提供していきます。

胃痛には「ネキシウム」が効きます

ネキシウムは、胃酸が出過ぎることによって起きる胃痛の症状を改善してくれる薬です。
また、逆流性食道炎によって起きる胸やけや胸部違和感の治療にも使われます。
胃酸の過剰な分泌を防いでくれるため、胃粘膜や十二指腸・食道などが荒れている状態を改善してくれます。

この薬は、プロトンポンプ阻害薬と呼ばれるタイプの胃薬です。
食べ物を消化するときには、胃壁にある細胞のなかのプロトンポンプが働くことによって、胃のなかに胃酸が分泌されます。
プロトンポンプ阻害薬というのは、このプロトンポンプの働きを阻害することによって胃酸の分泌を抑制する薬です。

プロトンポンプ阻害薬は、胃酸分泌抑制作用がある薬剤のなかでもとくに効果が高い薬です。
逆流性食道炎にかかっている人を対象として行われた調査では、ネキシウムを服用した人の9割近くの人で症状が改善されたという報告がされています。
また、胃潰瘍や十二指腸潰瘍など、消化性潰瘍の症状の改善にも効果があります。

薬の副作用によって起きる胃潰瘍など、難治性の潰瘍にも高い効果を発揮してくれるため、現在では胃潰瘍や逆流性食道炎を治療する場合の第一選択薬となっている薬です。
薬によって起きた胃潰瘍を治療する場合には、症状が改善した後の再発予防にも用いることができます。

ネキシウムの有効成分は、エソメプラゾールです。
この薬の服用方法としては、通常1日1回エソメプラゾールとして20mgを服用します。
ネキシウムの製品としては、カプセルタイプでエソメプラゾールが10mg含まれているものと20mg含まれているものがあります。

服用に当たっては、薬の飲み合わせなどに気を付ける必要がありますが、副作用は比較的少なくなっています。
ネキシウムの主な副作用としては、腹痛や腹部膨満、下痢などの胃腸症状があげられます。
また、発疹や発赤・光線過敏症などの皮膚症状が出る場合もあります。
とくに薬に対するアレルギーを持っている人や、肝臓の良くない人、高齢者は慎重に使用するようにしてください。

ネキシウムは胃痛の症状を効果的に改善できる薬ですが、市販薬は存在しません。
そのため、この薬を購入する場合には、病院で処方箋を書いてもらうか、ネット通販を利用することになります。

ネキシウムをネット通販で買ってみよう

薬のネット通販というと、ドラッグストアで売られている製品やサプリメントなどを思い浮かべる人が多いかもしれません。
しかし、じつは医療用の医薬品であってもインターネットで購入する方法があります。
それは、医療用医薬品の輸入代行を行っている会社を利用して、海外から薬を購入するという方法です。

ネキシウムの個人輸入を取り扱っている会社はいくつもあるので、まずはどの会社から薬を購入するかを選びましょう。
個人輸入のサイトは、大手の代理店から中小の代理店まで様々な会社が運営をしています。
医療用医薬品を個人輸入する場合には、なるべく信用できる大手のサイトを選ぶようにしたほうが良いでしょう。

個人輸入というのは、あくまでも医薬品の輸入を業者が代理で行ってくれるものであるため、販売価格などはそれぞれのサイトによって異なっています。
また、薬を購入する際には処方箋が必要ないため、誰でもネキシウムを購入することができます。

しかし、ネキシウムの販売価格にはおおよその相場があるため、あまりにも高すぎるところや安すぎるところは避けたほうが良いでしょう。
あまりにも安く薬を販売している会社は、偽物を取り扱っている危険性もあります。
個人輸入サイトのなかには、コメント欄などが設けられているところもあるので、それらの評価も参考にすることができます。

個人輸入サイトの利用方法は、通常のネット通販サイトの利用方法とほとんど同じです。
ほしい薬を見つけたら、クリックしてカートに入れれば、決済手続きに進むことができます。
支払いの方法としては、クレジットカード払いや銀行振り込みなどがあり、こちらもそれぞれのサイトによって違いがあります。

通常、注文を完了してからネキシウムが届くまでには1週間から数週間くらいの時間がかかります。
薬の配送にかかる期間は、生産国によって違いがあります。
もし薬が本当に届くかどうか心配な場合には、着払いが選べるサイトもあるので、実際に薬が手元に届いてから支払いをするようにすると良いでしょう。